人生を楽しく

須勢理昆売

【愛を一身に受けた女神】

【神格の説明】
 スセリビメはスサノオの娘であり、オオクニヌシの奥さん。
 スセリビメはスサノオが溺愛した娘。
 そして、オオクニヌシの心を一目で奪った女神である。
 オオクニヌシが兄達から身を隠すために出雲の地に入ると目の前に現れたのがスセリビメ。
 オオクニヌシはスセリビメを見ると一目で心を奪われる。
 オオクニヌシはスセリビメを妻に迎えたいとスサノオに告げる。
 スセリビメを溺愛していたスサノオがすんなり受け入れる訳がない。
 スサノオはオオクニヌシに様々な試練を与える。
 その度にスセリビメが機転を利かせ、あの手この手でオオクニヌシを助ける。
 スセリビメはスサノオによく似て気性が激しく、おてんば娘。
 スセリビメの【スセ】とは進むという意味。または、スサブという意味がある。
 このスサブとは荒ぶるという意味。
 また、「六月大祓の祝詞」に登場する速佐須良比売(はやさすらひめ)はスセリビメと同神であるとしている。
 実はスサノオの本当の名前はタケハヤスサノオノミコトである。
 スサノオにハヤという文字が入っていることから【荒ぶるスサノオのヒメ】と考えれば妥当である。
 この様にスサノオの娘だけあり、元気な女神であった。
 父であるスサノオを恐れることなく、オオクニヌシと力を合わせ、試練を乗り越える。
 この絵に描かれている腰には生大刀(いくたち)と生弓矢(いくや)天詔琴(てんしょうごと)は駆け落ちする際にスセリビメが身につけていたものである。
 それを見たスサノオはオオクニヌシの知恵と逞しさを認める。
 さらにスセリビメの愛の強さに根負けし、2人の結婚を許した。
 オオクニヌシはスセリビメを本妻として迎えるが、最初に結婚したヤガミヒメはその時、オオクニヌシの子を身ごもり臨月を迎えていた。
 ヤガミヒメはオオクニヌシを訪ねる。
 しかし、スセリビメはそれを快く思わなかった。
 ヤガミヒメは居場所を失い帰ってしまった。
 スサノオに溺愛され、育ったスセリビメ。
 その為に、少々のわがままも許され、伸び伸びと育った事で、天才的な発想が出来る女神へ育った。
 愛を一身に受け、独り占めしていたその愛を他に向けられるのは耐え難い。愛が自分に向いてる時は健気でも、その愛が他の者に向くと牙を剥く。
 まさに女心をそのままに生きた神様だと言える。
 その後、オオクニヌシは多くの女性と結ばれるが、スセリビメは出雲大社の本殿の脇にオオクニヌシと寄り添うように祀られている。

【和魂】
永遠の愛愛に包まれます

身近な人から一身の愛を受け取る時です。
その揺るぎない絆の中で愛を育むことが出来るでしょう。
また、枠にはめられる事なく、自由を手に入れることが出来ます。
拘りを捨て、何事にも豊かな発想で取り組むと良いでしょう。

【荒魂】
依存からの脱却心を鎮めましょう

自分に向けられた真心が他に向けられる事で嫉妬心が生まれるかもしれません。
我が強くなっていませんか?
人のせいにしていませんか?
自分中心に物事を考えがちです。
心が乱れ、せっかく築いた絆を自ら壊してしまうかもしれません。
冷静に心を鎮め、依存から脱却しましょう。

【素質】
恋愛の神様

【御利益】
縁結び

【系譜】
スサノオとクシナダヒメの娘

【祀られている神社】
・出雲大社内大神大后神社(島根県出雲市)
・春日大社内夫婦大国社(奈良県奈良市)
・國魂神社(福島県いわき市)
・那売佐神社(島根県出雲市)
・備前国総社宮(岡山県岡山市)
・備中国総社宮(岡山県総社市)
・八坂神社(京都市東山区)
・大名持神社(奈良県吉野郡吉野町)
・玉若酢命神社(島根県隠岐郡隠岐の島町)
・由良比女神社(島根県隠岐郡西ノ島町)
・勝占神社(徳島県徳島市)
・大神山神社内朝宮神社(鳥取県米子市)
・多居乃上神社(鳥取県鳥取市)
・佐比賣山神社(島根県大田市)

開運暦

分類表

人間関係3分類人生分類行動パターン心理ベクトル

死(危篤状態)状況対応型過去回想型
思考パターンスタンス役目分担
右脳派自分軸次鋒

【基本素質】
意志が強く何事にも熱心に取り組み、コツコツと努力を続ける
<和魂>
ハツラツとした雰囲気
根性があり人一倍の努力家
決断が早く思ったら一直線
甘えがなく辛抱強い
世話好き
<荒魂>
割り切りが早くあきっぽい
話が大きい
喜怒哀楽が激しい
人より負けん気が強い
人の話を聞かない

【素質の解説】
 明朗活発でスポーティなあなたは、人目を引く雰囲気を持っています。
 喜怒哀楽が激しいですが物事にこだわらない性格のため、次の日には何事もなかったかのように割り切ることが出来る強さを持っています。
 プロ意識が高いため、甘えることなく積極的に目標に向かってコツコツ努力し続けます。
 しかし、一途になりすぎてのめり込むと、人の意見に耳を貸さなくなり「固すぎる」と言われてしまうことがたまにキズ。
 また、漠然とした不安感を抱えることがあり、その不安な気持ちをエネルギー源にして陰で一生懸命頑張ります。
 人に任せる事が苦手で、何でも自分の手でこなそうとします。
 その結果、色んなことを抱え込みすぎて粗削りになることも少なくないようです。
 負けん気が強く意地っ張りなところがありますが、本質は涙もろく愛情豊かで、周囲からも信頼される努力家です。

Copyright© SAVER-Life BLOG , 2019 All Rights Reserved.